いたずら文学紀貫之子が認めまする

つらつらと書きづつけます

北海道余市にあるお城のようなエーヴランドホテル。札幌から海と山を超えての道のりをご紹介します

皆様がなさるブログというものを青年である私もやってみようと言うので、します。

昨日はバズったTweetがタイムラインを駆け巡りましたね。

素晴らしい異世界のお城のようなホテルですね。

5月16日夜には5000RTくらいでしたが、現在このエントリ執筆時点で2.8万件のリツイート、11.5万件のいいねが付いております。

それに伴って公式アカウントも反応しています。

なんと…。

情報量が多すぎて整理しないとですね。

まず残念ながら5月は予約は承っていない状態。

6月は終末のみ再開放と言う営業になるようです。

これも恐らくコロナの影響に違いありませんが、この様に素晴らしいホテルが営業停止に追い込まれるとはいやはや悲しいことではございませぬか。

ホテルは余市と言う町にありますので、ちょっとその辺のことについて触れさせて頂きます。

ゴルフがお好きな方や、コスプレーヤーさんもこの様なお城での撮影(要許可確認)も出来る場合があるようですし、普通に家族連れ、一人旅でもいいでしょう。

アクセス

札幌駅から高速道路を使うと1時間程度かかる見込みです。

 

でもせっかくですから面白いドライビングコースをご紹介します。

次のマップをご覧ください。

黄色い道路が国道5号線で、札幌から小樽を通過している道になります。

塩谷海水浴場の近くにその5号線から分岐して、道道956号線があるのがわかりますか?

それをたどって行くと、NHK塩谷テレビ中継局跡という文字の所に分かれ道があり、フルーツ街道と言う名称の道路がありますね?

それがまたカーブが適度にあって、面白いドライビングコースなのですよ。

小樽から余市方面には急カーブ・急坂が多くトンネルも4箇所あるそうです。

季節が秋になると収穫の時期ですから果実狩りなども楽しめるのです。

こんな感じで遠くに海が見えたり。

景色も楽しいのです。

のどかな山道を駆け抜けたり出来るのです。

海と山を楽しめるのはいいですね。

道案内もあります。

エーヴランドホテルへは、道道753号線との交差点で左折して、その道を通ります。

さらに道道36号線にさしかかったら、そこで左折、道なりに進めば着きます。 

ホテル外観

外観

外観

外観

内装 

内装

内装

内装

内装

異国情緒が漂っていますね。

まとめ

如何でしたでしょうか?

海と山とお城を1日で体験できます。

コロナにお気をつけの上、旅行をお楽しみ下さい。

このエントリはこの辺にてけりを付けとうござりまする。