いたずら文学紀貫之子が認めまする

つらつらと書きづつけます

USB2.0になってない? Windows10でUSB接続が3.0になってるか確認する方法。

皆様がなさるブログというものを青年である私もやってみようと言うので、します。

ウルトラスーパー便利を略すと、Ultra Super Berni、すなわちUSBです。

DVDドライブのついていないパソコンにも外付けドライブを付けてみたり、プリンタの接続をしてみたり、あるいはキーボードやマウスの接続でも大活躍。

今やUSBの接続無しでパソコン生活はやってらない状態に陥っています。

そんな平和なUSBライフの真っ只中、USBに関する激震ニュースがネットを駆け巡りました。

news.yahoo.co.jp

いや、端子を挿入するスピードでUSBそのものの速度にも影響がある!?

場合によってはパソコンのUSB端子も周辺機器も3.0対応なのに、ゆっくり挿してるがために2.0になっている可能性すらある?

これは由々しき一大事。

ゆっくり、素早くのそのスピード差がどれほどのものか。

自分では素早く挿しているつもりが、パソコンにしてみれば

判断が遅い

判断が遅い

遅いと判断されている可能性もあります。

さあ、どうしたらいいでしょう?

その方法をお伝えします。

デバイスマネージャでは調べられませぬ

結論から申しますと、デバイスマネージャでは2.0か3.0か表示してくれません。

USB接続が正常動作しているかどうかしか分からないのです。

ケチくさいですよねぇ。

何か方法はないんでしょうか?

Windows 10 SDK

ちょっと大袈裟なんですけども、ディベロッパーツールを使えば可能です。

とは言ってもそんなに面倒くさくないのでやってみましょう。

URLはこちらです。

developer.microsoft.com

ダウンロード

ダウンロード

ISOとか表示されてますけど、インストーラーで充分です。

 

ダウンロードしたファイル

ダウンロードしたファイル

↑このファイルをダブルクリックします。

 

インストーラーを実行

インストーラーを実行

英語が出てきますが、木にせずContinueボタンを押します。

 

どこにダウンロードするか

どこにダウンロードするか

どの場所にダウンロードするか聞いてくるので、それも変更なしにNextボタンでOK。

 

一つだけチェック

一つだけチェック

次に全てのアプリにチェックが入っているので上記の一つだけにします。

Debugging Tools for Windowsのみチェックして、Downloadボタンを押します。

 

実行ファイル

実行ファイル

実行するアプリのある場所は下記のパスになります。

C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Debuggers\x64

 

スタートメニュー

スタートメニュー

わかりにくければ、Windowsキーを押してスタートメニュー一番上のフォルダーをクリックして。

 

デバグフォルダ

Debuggersフォルダ

Debuggersフォルダをダブルクリックしてもアクセスできます。

ツール起動

筆者の環境では外付けSSDを試してみました。

まずはゆっくりと挿してみます。

USB2.0

USB2.0

細かいのですけど分かりますかね?

USB3.0がnoになっており、Device Bus SpeedもHighとなっています。

つまり最速でも2.0だよ、と言う表示がされているということです。

では一度安全に取り外して素早く挿し直しててみました。

USB3.0!

USB3.0!

そうすると、ポートの番号が断りもなく変わってしまうのでちょっと混乱するのですけど、良く見るとUSB3.0がyesに、Device Bus SpeedがSuperSpeedに変わっていることを確認できます。

何と!

やっぱりゆっくり挿すと2.0で、素早く挿すと3.0に、同じSSDでもパソコンに認識されることが判明しました。

まとめ

……ということは、今まで筆者のパソコンにつないでいたSSDはUSB3.0の性能があったのにも関わらず2.0で動作していたということになります。

何だかとっても損した気分です。

半年以上はその環境で使い続けていましたからね。

まあでも、一つ利口になりました。

皆様も、USB3.0機器を一度安全に取り外して、霹靂一閃の様に素早く挿し直すことをオススメ致します。

このエントリはこの辺にてけりを付けとうござりまする。