いたずら文学紀貫之子が認めまする

つらつらと書きづつけます

日本推しラトビア人YouTuberのアルトゥルさんを見たかい

皆様がなさるブログというものを青年である私もやってみようと言うので、します。

日本は中国に最先端技術でもGDPでもコテンパンに負け、昔は時価総額世界ランク上位に何社も名を連ねていたのに今は全く鳴かず飛ばずと言う惨状。

もう日本はダメなのか……。

閉塞感がある中で、励みになるTweetがタイムラインを駆け巡りました。

  • 日本は超綺麗(寺社や道、自動車など)
  • スタバ安い(2杯目100円で飲める場合がある)
  • 食べ放題や飲み放題がある、かつ安い
  • お酒を外でも飲める(違法の国が多い)
  • 日本人が丁寧

まあ、スタバ安いとかお酒を外でも飲めると言うのはあんまり日本の素晴らしさとちょっと違うかなとも思えるのですが、綺麗、飲食が安い、日本人が丁寧と言うのは心強いところではないでしょうか。

このYouTuberさんに着目してみたいと存じます。

(ってか上記動画で左の方どなた?)

確かに綺麗ですね。

手を洗う場所を御手水と言うとは知りませんでした。

改めて日本の文化の勉強になりますね。 

いや、これ日本人でも普通は読めないでしょう。

  • 七五三=「しちごさん」
  • 五月七日=「ごがつなのか」
  • 八月一日=「はちがつついたち」
  • 小鳥遊=「ことりゆう」?
  • 月見里=「つきみさと」
  • 春夏秋冬=「しゅんかしゅうとう」
  • 一尺八寸=「いっしゃくはっすん」
  • 二千六百年=「にせんろっぴゃくねん」

としか読めませんよね。

これらはすべて名字なんだそうです。

ただ幽霊名字と言われ、実在するかどうかが分からない名字もあるようです。

なるほど。

指摘されないとなかなか気づけませんね。

日本語は縦でも横でもどちらもOK。

英語を無理に縦書きにしようとしても結局90度右回転させただけですからね。 

尤も中国語、韓国語も縦でも大丈夫ぽいですよね。

本来日本語は縦書きなのですが、柔軟に横書きにも対応したというのが実情ですね。

オノマトペとは自然界の音・声、物事の状態や動きなどをおとで象徴的に表した単語のこと。

なるほどですね。

雨に関して強弱や降り出してきたのか最中なのか、それによっても使い分けますね。

確かにどんぶらこは逆に桃が川を流れる以外の用途では使われそうもないですね。

ほほう。

これは日本人でも侘び寂びに詳しい人じゃないとなかなか使わない用法ではないでしょうか。

朝顔だけは小学生の頃に慣れ親しんだ方も多いので、しぼむと言う言葉をつかうでしょうけどもね。

おお。これは……。

アルトゥルさんは日本と縁がありますね。 

日本人から見ると本当にきれいな建物と町並みですよね。

コロナさえなければ、ぜひ行ってみたいですね。 

これだけ日本とラトビアの繋がりを大切にしてくれる方もなかなか居ないと思います。

ただ、イチ日本人として一つ意見があります。

日本では人は見かけが9割と言う書籍がベストセラーになりましたが。 

人は見た目が9割

人は見た目が9割

  • 作者:竹内一郎
  • 発売日: 2019/09/26
  • メディア: Kindle版
 

アルトゥルさんは白人で痩せてて背も高く、イケメンの部類に入るから対応する日本人も優しいのです。

仮にですけどアルトゥルさんが有色人種で太ってて背も低く、ブサメンで小汚い感じだったらどうでしょう?

対応する日本人も態度を変えると思うのですよね。

未だに中国が日本より劣っていると時流に追いつけない年配者も居ますし。 

4回ほど来日されているということですが、隣の芝が青く見えている状態でもあると思います。

新宿歌舞伎町や秋葉原は汚いし、女性に高圧的な態度を取るおじさんもいるし、カントリーマアムやキットカットやセブンイレブンの弁当はステルス値上げしていますし。

残念ながらダメダメなところも多いのが日本です。

まあそんな日本の汚いところも見てもらい、だめな部分が良くなっていけばいいなと、日本を愛するがゆえに筆者はそう思います。

今後もアルトゥルさんの一挙手一投足から目が離せません。

どうぞYouTubeのチャンネル登録、Twitterのフォローをしてみて下さい。

www.youtube.com

twitter.com

このエントリはこの辺にてけりを付けとうござりまする。