いたずら文学紀貫之子が認めまする

つらつらと書きづつけます

自分のことを何という? コレを数えるときの数助詞は? 日本語って複雑。

皆様がなさるブログというものを青年である私もやってみようと言うので、します。

突然ではございますが、日本語は自分のことを言うにしても実に様々な単語がありますよね。

これは日本推しのラトビア人YouTuberのTweetですが……。

もし戦国時代の名武将が生き永らえていたら、こんな会話が繰り広げられたのではと妄想してしまうのでございます。

ねえねえヤスぅ。

なあにノブ?

ヤスはさぁ、自分のこと何て言うの?

ワシじゃな。

え? この前は俺って言ってたしょ。

じゃあ聞くなよ。

いや、そもそも自分で自分のことどんなジジイでも「ワシ」って言うやつ居なくね?

雰囲気だよ。

そもそも一人称表すのに、私、僕、俺、オラ、おいら、僕ちゃん、吾輩、あたし、あたい、うち、わし、拙者、自分……とかすごく多くね? 英語ならI,my,me,mineだけやん。

某(それがし)、麿(まろ)、妾(わらわ)、小生、あっし……なんかもそうだね。

何でこんなに多いの?

知らないよ。ヒデなら知ってんでない?

知らねえーよ!

その事でございます。

日本語はなぜか同じ概念を表すのの別の言い方が多いのでございます。

上記に述べた一人称の他に、例を挙げて述べていきたいと存じます。

二人称

一人称、すなわち自分のことを言い表すのに種類が多すぎなのは冒頭で触れましたが、それに負けないほど 相手のことを指す二人称もまた多いのでございます。

  • あなた
  • そちら
  • お宅
  • 僕(子供に話しかける時)
  • ユー(ジャニー喜多川のみ)
  • 貴官
  • 貴職
  • 貴兄・貴姉
  • 貴君
  • お前
  • お前さん
  • あんた
  • 君(きみ)
  • あんさん
  • おれ・おりゃ・おら(おれら)
  • てめぇ
  • おのれ・のれ・おどれ・どれ・おんどれ
  • きさま・きさわ・きさん
  • われ・わ
  • 汝(なんじ)
  • 其方(そち、そなた)、其の方(そのほう)
  • 貴殿
  • 貴公
  • お主
  • 先生
  • 師匠
  • 先輩
  • お客様
  • 患者様
  • 餓鬼

Wikipediaから抜粋引用させて頂きましたが、ものすごい膨大な量でございます。

でも不思議と皆さん、どれもこれもだいたい聞いたことがあるような単語が並んでいませんか?

よく日本人っていろいろな言い方をするもんですね。

数え方

次に、何かを数えるときにつける数助詞について触れてしまいます。

ざっとこんな感じです。

対象例 数助詞 読み方
映画 1齣 こま、シーン
宝石 1顆
船(帆掛舟など) 1艘 そう
三味線 1棹 さお
箪笥 1棹 さお
羊羹 1棹 さお
1壺 こ、つぼ
砂糖 1叺 かます
1刎 はね
数珠 1連 れん
1輪 りん
袈裟 1領 りょう
鉄道車両 1両 りょう
戦車 1両 りょう
宝石 1粒 つぶ
書類 1葉 よう
米俵 1輿 こし
大砲 1門 もん
1面 めん
1面 めん
算盤 1面 めん
1面 めん
1名 めい
1枚 まい
相撲(番付の地位) 1枚 まい
1枚 まい
花びら 1枚 まい
安打 1本 ほん
井戸 1本 ほん
映画 1本 ほん
1本 ほん
手紙(書簡) 1本 ほん
1本 ほん
1本 ほん
羊羹 1本 ほん
1包 ほう
1篇 へん
花びら 1片 ひら、へん
書類 1頁 ページ
団扇 1柄 へい
はららご(たらこ、筋子など、魚の卵塊) 1腹 はら
1服 ふく
掛け軸 1幅 ふく
お年玉 1封 ふう
手紙(書簡) 1封 ふう
書類(同じ書類を作る場合) 1部
新聞 1部
1部
料理 1品 しな、ひん
投票(投票された票の数) 1票 ひょう
米俵 1俵 ひょう
1匹・疋 ひき
反物 1匹・疋 ひき、むら
アリ 1匹 ひき
イカ(生物の場合) 1匹 ひき
1匹 ひき
1匹 ひき
タコ(生物の場合) 1匹 ひき
1匹 ひき
エビ 1尾
1尾
囲碁の対局 1番 ばん
演能 1番 ばん
将棋の対局 1番 ばん
相撲(取組) 1番 ばん
反物 1反 たん
原動機 1発 はつ
弾丸 1発 はつ、ぱつ
拍子 1拍 はく
イカ(食品の場合) 1杯 はい
うどん 1杯 はい
1杯 はい
ご飯 1杯 はい
タコ(食品の場合) 1杯 はい
船(伝馬船、艦艇など) 1杯 はい
乾麺 1把
1頭 とう
エビ 1頭 かしら
烏帽子 1頭 かしら
1頭 とう
1頭 とう
類人猿 1頭 とう
灯り 1灯 とう
1棟 むね、とう
刀剣 1刀 とう
薬に包んだ散薬 1貼 ちょう
船(ヨット、競漕ボート、艦艇など) 1艇 てい
1挺 ちょう
駕籠 1挺 ちょう
三味線 1挺 ちょう
1挺 ちょう
1挺 ちょう
算盤 1挺 ちょう
はさみ 1挺 ちょう
手紙(書簡) 1通 つう
行燈 1張 はり
和傘 1張 はり
蚊帳 1張 はり、ちょう
1張 はり、ちょう
提灯 1張 はり、ちょう
1張 はり、ちょう
テント 1張 はり、ちょう
1張 はり、ちょう
1張 はり、ちょう
提灯 1帳 ちょう
海苔(10枚) 1帖 じょう
半紙(20枚) 1帖 じょう
美濃紙(48枚) 1帖 じょう
こて(アイロン) 1丁 ちょう
1丁 ちょう
豆腐 1丁 ちょう
1丁 ちょう
遺骨 1柱 はしら
1柱 はしら
1柱 はしら
1柱 はしら
衣類 1着 ちゃく
1卓 たく
自動車 1台 だい
1台 だい
屏風 1台 だい
掛け軸(双幅の場合) 1対 つい
遺骨 1体 たい
仏像 1体 たい
地蔵 1尊 そん
靴(左右1組で) 1足 そく
屏風(二架で) 1双 そう
ご飯 1膳 ぜん
1膳 ぜん
戦い 1戦 せん
羊羹 1切れ きれ
半導体素子(ラジオなどに使われているトランジスタ、ダイオードなどの数) 1石 せき
1席 せき
船(船舶、艦船、艦艇など) 1隻 せき
料理 1人前 にんまえ
子供 1人 ひとり
1人 にん、たり
類人猿 1人 にん・たり
刀剣 1振 ふり
1錠 じょう
1畳 じょう
1条 じょう
1条 じょう
1条 じょう
和歌 1首 しゅ
矢(二本で) 1手
1枝 えだ
1冊 さつ
特定の場所に祀られている神 1座
刀剣 1腰 こし
文章の行 1行 ぎょう、くだり
銀行 1行 こう
1喉 こん
1口 く、こう
刀剣 1口 くち
1戸
握り寿司 1個
1軒 けん
1献 こん
1献 こん
刀剣 1剣 けん
印籠 1具
仏像 1躯
墓所 1区画 くかく
川柳 1句
俳句 1句
1筋 すじ
1筋 すじ
砂糖 1斤 きん
食パン 1斤 きん
うどん(麺を指す場合) 1玉 たま
囲碁の対局 1局 きょく
将棋の対局  1局 きょく
真空管 1球 きゅう
椅子 1脚 きゃく
1脚 きゃく
騎馬・騎兵 1騎
航空機 1機
ビデオゲームで次にプレイ可能な残されたプレイヤー数 1機
井戸 1基
原動機 1基
塔婆 1基
灯籠 1基
1基
墓石 1基
神輿 1基
砂糖 1貫 ぬき
握り寿司(二個で1貫説、1個で1貫説あり) 1貫 かん
映画 1巻 かん
テープ(音響用、データ用) 1巻 かん
巻物 1巻 かん
株式 1株 かぶ
1掛 かけ
衣桁 1架
屏風 1架
果物 1果
ウサギ 1羽
鳥類 1羽
1位
1カプセル カプセル

Wikipediaに掲載があったものを数助詞をキーに降順にまとめたもの。

よくここまで読み方が考え出されたものです。

こうしてみると、本と言う数助詞は傘や羊羹など見かけが長いものに付けられる一方で、手紙や井戸など、なんでそうなったものも多数あります。

帖という単位は海苔や半紙、美濃紙などペラペラしたものに使われますが、枚数が10,20,48とモノによって変わるという複雑さです。

これはそれぞれの品物の扱われ方に寄るのでしょうね。

海苔は10枚単位、半紙は20枚、障子張りに使われる美濃紙は48枚単位で扱われる商慣行があったのではないかと推測されます。

神様や魂、霊といった存在は柱(はしら)と数えるのも興味深いところです。

寿司の1貫は2個か1個か諸説ありますし。

日本語を学ぶ外国人が投げ出したくなるのも良くわかりますね。

便利な言葉

逆に様々なことを表せる一つの言葉があります。

ヤバいは便利ですよね。

gendai.ismedia.jp

どうやら江戸時代から使われてきた言葉のようです。

もっともヤバいと言えば昔は良くない状態のことに使わていましたが、今では良い意味のことにも使われているのは周知のとおりです。

言葉というのは時代とともに意味が変わっていくのでございますね。

まとめ

日本語も改めて考えると、とてもおもしろい言語であることがわかります。

前述のYouTuberのように、興味を持つことが外国語習得の近道なのかも知れませんね。

このエントリはこの辺にてけりを付けとうござりまする。