いたずら文学紀貫之子が認めまする

つらつらと書きづつけます

クリオネ飼育は無理ゲー。おやめになった方がいいですよ。

皆様がなさるブログというものを青年である私もやってみようと言うので、します。

クリオネ

クリオネ

ネットサーフィン(死語)を趣味とする筆者がとある記事を見かけたのでございます。

dot.asahi.com

何と……北海道民には比較的馴染みのあるクリオネ人気が再燃しているとは……。

これは由々しき事態です。

もし戦国時代の名武将が生き永らえていたら、こんな会話が繰り広げられたのではと妄想してしまうのでございます。

ねえねえヤスぅ~。

なあにノブ?

何かコロナでGWなのに自宅警備で癒やしが欲しいヨ。

ネトフリでも見ろ。

いやそれ鬼滅とか進撃とかエヴァとか。結構人死んで辛いじゃん。

おま、散々人殺しておいて何言ってんのよ。

いや、そうだけど。で、観賞用クリオネって売ってんだってさ。

マジ?

飼ってみたいなあ……❤

止めとけよ。殺しのスペシャリストが何を言う。

いや、いいしょ。ヒデもいいと思うしょ?

いや~。秒殺だと思うよ。止めとけ。

クリオネ襲来、鮮魚コーナーに

その事でございます。

前述の記事を御覧くださいませ。

dot.asahi.com

東京や大阪など都市部のスーパーマーケットに瓶詰で売られている様子が、近ごろSNSにアップされている。しかも、鮮魚コーナーに「観賞用」として並んでいるのだ。

せめてペットコーナーならまだしも、鮮魚コーナーに陳列って💦

いくら「観賞用」と言う表示があったとしても、扱いがちょっと雑すぎませんかね?

2017年

こちらの記事を御覧くださいませ。

www.huffingtonpost.jp

このエントリ執筆時点で4年以上前に掲載されたネット記事でございます。

そこにあるTweetが引用されております。

要するに、餌のミジンウキマイマイが入手不可なので飼育不可なのです。

ミジンウキマイマイとは?

動画をみつけました。こちらです。

www.youtube.com

オホーツクの流氷の下部に生息しているようです。

英語のWikipediaよりミジンウキマイマイ

英語のWikipediaよりミジンウキマイマイ

そもそも日本語ではこのエントリ執筆時点でWikipediaにも載ってません。

こんなの、フツー、売ってませんよ。

まあ、オホーツクまで採取しに行くってんなら(法的にどうなのか存じませんが)筆者に止めることは出来ませぬが。

更に無理ゲーなのが、生きたままのミジンウキマイマイしかクリオネは食べないという点。

つまりクリオネを飼うということは、餌なしで常に冷蔵庫に入れた状態で放置、ということなのです。

観賞用って常に冷蔵庫の中なんだからガラス戸の冷蔵庫じゃないと意味なくないすか?

水族館

水族館ですら飼育は大変難しいようでございます。

ただし水族館は学術的な面もあり、生態や特徴などの研究目的で飼育すると言う重要な役割を持っています。

そのため、クリオネが展示されている水族館は全国各地に存在します。

www.ariescom.jp

つまり我々はそれらの水族館へ足を運べば、飼育の苦労から開放され、さらにいい感じでクリオネを鑑賞できるのです。

コロナで外出困難と言うのであれば動画もインスタグラムもありますし。

www.youtube.com

ご自身で飼うのはお控えになったほうが良いかと存じます。

スーパー

前述のスーパーさんを炎上させたい意図は皆無でございます。

皆様ぜひ炎上・誹謗中傷はなさらないで下さい。

コロナでさんざん苦労している中での売上対策です。

日本経済に貢献しようと必死に試行錯誤された経過だと認識致しますので、商売熱心なことには頭が下がります。

そこは我々消費者が買わない選択肢を取れば、自ずと売場から消えていくことでしょう。

まとめ

クリオネは買わない、飼わない。

それだけで充分でございます。

代わりに美味しい鮮魚でも買われると良いと思います。

このエントリはこの辺にてけりを付けとうござりまする。