いたずら文学紀貫之子が認めまする

つらつらと書きづつけます

Twitterで漫画アプリの広告を見ても該当作品探せられなくて結局Kindleで買うパターン多いと思われ

皆様がなさるブログというものを青年である私もやってみようと言うので、します。

漫画アプリが目白押しですね。

筆者も漫画が大好きなのでTwitterのタイムラインで広告が流れてきますと、目を留めて作品を閲覧しようと致します。

でも結局その気になった作品、探せられなくないです?

もし戦国時代の名武将が生き永らえていたら、こんな会話が繰り広げられたのではと憶測してしまうのでございます。

ねえねえヤスぅ!

(うわ、キレてんな)なあにノブ?

例えばTwitterでこんな広告流れてくるじゃん。

うん、それで?

で、アプリをインストろールするじゃん!

インストールね。それで?

そうしたら作品一覧が出てくるだけでお、どの作品だったか分からんくなるしょ!

ああ。そう言う事あるね。

何とかしてよ!

いやAppleとかGoogleの仕様じゃねえの。しようがねえよ。ねえ、ヒデ?

うん。諦めろ。漫画タイトルでググってAmazonポチだな。

そ、それで良いのかよ!

その事でございます。

実際にそう言う動きがあるかも知れないのでございます。

こちらの方は前述の広告をみてKindleで買ったわけじゃないでしょうけど、広告にリプライしており、Kindleで買ったと言う記述があれば、コレを見た方が「ああ。Kindleでもこの漫画買えるのね」と言う判断材料になります。

図らずも 広告費めちゃコミックが出しているのに、Amazonがタダで宣伝できてしまっているような、由々しき事態です。

実際に筆者がめちゃコミックでこの作品にたどり着けるのかやってみました。

めちゃコミック

sp.comics.mecha.cc

めちゃコミックはアプリ以外にもWeb上でWindowsやMacでも閲覧出来るようです。

一部作品は無料で閲覧出来ますのでお試しになってみてはいかがでしょうか。

さて筆者はiOS版(正確にはiPadOS版)のアプリをインストールしました。

めちゃコミックアプリ

めちゃコミックアプリ

この様な実行画面です。

下にスクロールさせれば、広告掲載している作品を見ることが出来るのですが、かなりの量があります。

で、結局スクロールしても、先程の作品は見つけることが出来ませんでした。

さらに操作を誤って上記画面が二度と出てくることは無く、泣く泣くアンイストールして再インストールして、もう一度上記画面を出しました。

その他の広告掲載作品

再インストール

再インストール

その他の広告掲載作品を見たかったのに、ちょっとした操作ミスで二度と見れなくなるのもいかがなものかと存じます。

ボタンを押すと一覧がずらりと出てきまして。

ようやくたどり着くことができました。

天泣のキルロガー

天泣のキルロガー

この「天泣のキルロガー」です。

発音は「てんきゅうのきるろがー」

これですね、名称自体も覚えにくいのでググろうにも、また記憶にとどめておこうにもちょいと難しいんですよね。

まあ、スクショという、今では便利な機能がありますが。

とにかく良いなと思える作品があっても、それにたどり着くまで相当な苦労を強いられるのです。

その編は前述の「広告掲載作品」がまずはインストール後に出てくることで緩和されているとは思いますが、ちょっとまだ操作や検索がしにくいかなあと言うのは否めません。

スクショしてググって買う、と言う読者もいることでしょうね。

天泣のキルロガー

この作品自体はホラーモノですが、主人公たちが謎を説いていくような推理小説的な要素もあり、大変おもしろい作品です。

このエントリ執筆時点でなぜか2巻だけKindle Unlimited対応なんですよね。  

天泣のキルロガー : 2 (アクションコミックス)
 

謎が謎を呼ぶホラーミステリーエンタメです。

まとめ

以上のように、読者はマンガアプリで該当作品を読んでみたいのですが、読むのが煩わしくて結局ググってKindleです。

広告主が損をしてしまう状況なのではと懸念がありますので何らかの対策が施されると良いかなと存じます。

このエントリはこの辺にてけりを付けとうござりまする。