いたずら文学紀貫之子が認めまする

つらつらと書きづつけます

PowerPointの便利な図形結合についてお伝えします。

皆様がなさるブログというものを青年である私もやってみようと言うので、します。

いささか昔の記事ではございますが、かのホリエモンはパワポをディスっていらっしゃいます。

r25.jp

いや、別に関係ないと思いますけどね。

あと、Officeを単体で買うとPersonalにパワポはついてきません。 

このエントリ執筆時点でPersonalは¥29,493。

少しでも安くOfficeを入手したいのであれば有力な選択肢。

でもパワポがないので、パワポもほしいのならHome&Business。 

Home&Businessはこのエントリ執筆時点で¥34,443です。

5,000円位の差ですが、パワポが必要ないならPersonalでも良いでしょう。

ただビジネスユースではPersonalは認められてないライセンスですので要注意。

ねえねえヤスぅ。

なあにノブ?

パワポ要らなくね? Apple IDがあればWindowsでもWebでKeynote使えるし。

んだな。

ちょ、待てよ! パワポも便利な機能があんだよ!

え? そうなの?

その事でございます。

実はWordにもExcelにも出来ないに、PowerPointにだけ許された機能がございます。

その名も画像結合!

起動

パワポの起動方法ですが

まず Win+Rキーを押します。

ファイル名を指定して実行

名前の欄に powerpnt と入力してボタンを押します。

PowerPoint起動

PowerPoint起動

起動します。

ちなみにWordは winword 、Excelは excel で動作します。

何かExcelの優位を感じます。

新しいプレゼンテーション

新しいプレゼンテーション

起動したら新しいプレゼンテーションをクリックすればOK。

図形結合

では図形結合について解説してゆきます。

メニューの挿入タブ

メニューの挿入タブ

画面上部に並ぶメニューで「挿入」 の箇所を押します。

図形挿入

図形挿入

図形の項目を押すとずらりと一覧で挿入可能な図形が出てきます。

円と四角

円と四角

図形の塗りつぶし、枠線、効果など実に様々な加工が可能です。

ここではデフォルトで円と四角を描いてみます。

図形は円から描いたので、四角は最前面です。

パワポに限らず、図形というのは重ね合わせている状態なのです。

図形の結合

図形の結合

ctrlキーを押した状態で円と四角をクリックして、円と四角の両方を選択指定状態にします。

そうすると左上に図形の結合と言う項目があります。

図形の結合メニュー

図形の結合メニュー

図形の結合のメニュー一覧が出てきます。

  • 結合
  • 型抜き/合成
  • 切り出し
  • 重なり抽出
  • 単純型抜き

以上を順を追って説明致します。

結合

結合

結合

ご覧の通り二つの図形を合わせたものになります。

型抜き

型抜き

型抜き

重なった部分は切り抜かれたような状態になります。

切り出し

切り出し

切り出し

これは型抜きと後述する重なり抽出を行います。

切り出し

切り出し

図形が円と四角が重なった部分と、それが切り取られて欠けた円と欠けた四角の3つの図形に分ける事ができます。

重なり抽出

重なり抽出

重なり抽出

重なった部分だけを図形として残します。

単純型抜き

単純型抜き

単純型抜き

先程四角が最前面とお伝えしましたとおり、全面にある側の図形が他の図形と重なった部分だけなくなって残ります。

画像にできる

PowerPoint上で上記の操作をしたのち、図形を選択して

ctrl+cでコピーをして、Windows標準アプリのペイントに貼り付けることが出来ます。

ペイントに貼り付け

ペイントに貼り付け

↓jpegで保存した実際の画像。

変な画像

変な画像

その様な感じで、色々面白い図形を創作してみてはいかがでしょうか。

このエントリはこの辺にてけりを付けとうござりまする。