いたずら文学紀貫之子が認めまする

つらつらと書きづつけます

日本ハムファイターズの新本拠地北海道ボールパークのサイトを観たかい?

皆様がなさるブログというものを青年である私もやってみようと言うので、します。

私は北海道民でございます。

するってぇと、やはり野球チームは日本ハムファイターズを応援したくなります。

さらに楽天にマー君が戻ってきてくれたということで。

www.youtube.com

マー君が大好きな道民も多いのです。

日ハム対楽天戦でマー君先発となれば小躍りしながら歓迎する道民続出でしょう。

その一方でファイターズは惨敗が続き、このエントリ執筆時点でリーグ6位。

もし戦国時代の名武将が生き永らえていたら、こんな会話が繰り広げられたのではと憶測してしまうのでございます。

ねえねえヤスぅー!!

(うざ……)どったの?

ファイターズ全然勝てないじゃん!

ま、そら勝負事だから。おまいも光秀に負けたじゃん。

えっ いやっ そうだけどさ……。あれは謀反だから仕方ないじゃん!

言い訳するんでない。パワハラするからダメなのよ。もっと❤で。

そうかなー。でも日ハム最下位はらたつしょ。何とかなんない? ヒデ?

なんねーよ!

日ハム最下位

その事でございます。

スポーツは競り事。

敗者がいるから勝者や優勝者がいるのです。

現に北海道日本ハムファイターズも日本一に輝いたこともありましたから。

www.fighters.co.jp

またひとつ積み重ねてくれることを期待しましょう。

ファンなら負け続けているときこそチームを応援するべきではないでしょうか。

揉め事

ファイターズの不振と関係があるかは不明ですが、札幌ドーム運営会社とファイターズが揉めたことは事実。

球場使用料が850万ほどかかるようです。高いです。

また球場内でファイターズの会社が自由に物販などするのが難しいらしく。

さらにボールパークと言う、野球に興味がない客層でも楽しめるアミューズメント施設を創りたいと考えるファイターズの会社が札幌ドームではダメだと判断したのが決定打だった様子。

そこでボールパーク作ろうと言う話になったのですが、ここでも揉めて。

toyokeizai.net

候補地が4つほどあがりました。

  • 北海道大学
  • 北海道立産業共進会場(月寒ドーム)
  • 北海道立真駒内公園
  • きたひろしま総合運動公園

上記できたひろしま総合運動公園以外は全て札幌市。

札幌都心部からのアクセスは良好ですが敷地面積が課題。

ボールパークを竣工出来るほど広くはないと判断され、交通の便が懸念されていた北広島市のきたひろしま総合運動公園に決定。

新たな駅構築も視野に入れ、ついに工事が始まりました。

どんな外観?

ES CON FIELD HOKKAIDO

ES CON FIELD HOKKAIDO

ものすごくユニークな形状の球場が構想されています。

ま、サイトを御覧ください。

www.hkdballpark.com

動画も御覧ください。

www.youtube.com

スタジアムの名所はエスコンフィールド北海道。

ネーミングライツにより、日本エスコンが取得したためです。

  • リトラクタブルルーフで開閉・密封が可能
  • 選手に優しい天然芝フィールド
  • 全面ガラス張りで開放感抜群
  • 360度コンコースで場所を選ばずプレー観戦
  • 球場内に温泉があり、湯に浸かりながら応援可能!?

……と言うように、非常に独特でユニークな仕様となっております。

温泉あんの?

実際にこの近辺に温泉が湧いているようで、導入に至ったようです。

これは野球を全くやらないそうでも興味本位で、それこそYouTuberなどがこぞって利用しそうですね。

新駅も出来る?

travel.watch.impress.co.jp

交通アクセスが懸念されていましたが、既存駅を整備して利便性を良くした後、2027年頃に「北海道ボールパーク(仮称)」と言う新駅竣工が計画されています。

ボールパークはスタジアムだけではなく、実に様々な施設が構築され一大アミューズメントパークへと発展することが期待されています。

ますます北広島市が盛り上がることが楽しみですね。

まとめ

プレイボールが2023年の開幕シーズンと予定されています。

その頃にはコロナも収まり、全世界からこぞって大勢の方が駆けつけてきてくれると嬉しいですね。

このエントリはこの辺にてけりを付けとうござりまする。